答えはいつもシンプル

秋に新製品を出す予定です。
冬から準備をしていたものの、最後の方になってバタバタしてしまいます。最初に思っていたものが、後々になって陳腐に感じてきて、悩み苦しみ試行錯誤したあと、良い案がポッと降ってくるように浮かんできて慌てて軌道修正するのは毎回のこと。
考えて考え抜いたことよりも、考え抜いた先の一瞬の思いつきを大切にしています。その思いつきというのは、いつもシンプル。そこに辿りつくまでの道のりを全て昇華した結果が、シンプルであったりミニマルであったりするのだろうと感じています。

写真は新製品用に取り寄せた容器。デザイナーさんが素敵に仕上げてくださることでしょう。

2018年8月27日

二十四節気<立秋>

立秋とは字のごとく、秋の気配を感じられること。
暑さは相変わらずですが、夕方の風にわずかに秋の香りが感じられるような気がしました。

八月八日、九日、十日は、八九十で、はくとう(白桃)の日なのだとか。先日はトマトと白桃のパスタをいただきました。暑い夏にはぴったりで、とても美味しかったので、特別な桃を使っておられるのかと思いきや、普通の桃と聞き驚きました。私が作っても絶対に同じ味にはならないだろうなーと思いました。

2018年8月7日

貴船神社さまへ

以前より、貴船神社さまの清々しさに魅せられて度々、参拝には訪れていたのですが、偶然にもご縁をいただき、水神、貴船神社さまの御神水を使った洗顔石鹸と化粧水を作らせていただいています。

ありがたいことに、九月にイベントをさせていただけるはこびとなりました。この十月で最初の製品である洗顔石鹸を発売して五年になります。節目の年に氣の生ずる根源の地、氣生根(きふね)、その中にある貴船神社さまで、ご奉仕させて頂けることのありがたさを感じています。

2018年7月31日